スタッフブログ

「ウスネオイデス」名前の由来は?

58429Do! earth & green の15SS新商品にも登場している、
「ウスネオイデス(スパニッシュモス)」。

ぐんぐん人気が出てきているチランジアの中でも、
ワサッと茂った姿がインパクト大な品種です。

それにしても、「ウスネオイデス」ってちょっと覚えにくいですよね。
「ウスネオ・イデス」なのか「ウス・ネオイデス」なのか切れ目もよくわからないし・・・

と最初は思っていたのですが、
偶然「オイデス」は「◯◯のような」という意味らしいと知りました。
じゃあ「ウスネ」は?・・・というと、これでした。↓

IMGP0283
出典:「お花の簡易データベース」http://edodes.com/blogplant/cat55/cat269/

ホラー映画か何かの森の中のシーンで見たことがある気がしますよね。
「サルオガセ」という地被類の植物だそうです。
これに似ているから「ウスネオイデス(=サルオガセモドキ)」。
だからどうということもありませんが、ちょっと覚えやすくなりませんか?笑

ちなみに、ウスネオイデスには小さな花が咲きます。
5mmくらいなのにしっかりと花の香りがすると聞いて、それを楽しみに育てています。
また、もともと湿度の高いところの原産なので
週に1~2度霧吹きで水をやるのがおすすめです。
寒さや雨は平気なので、軒下に飾っておくのもOK!ですよ。

このページの先頭へ