スタッフブログ

ビカクシダ(コウモリラン)の育て方

DSC_0447(2)

植物好きの間ではそろそろお馴染みになってきたビカクシダ(コウモリラン)。
葉がツノや手のように飛び出している姿は、かなりインパクト大ですが
その生態や育て方も他の観葉植物とはひと味違います。

ビカクシダ(コウモリラン)の特徴

原産は種類によって違いますが、主にアフリカ、東南アジア、オーストラリアなどの熱帯地方。
学名はplatycerium(プラティケリウム)、英名はStaghorn fernです。
木や岩に張り付いて生きる「着生植物」で、雨や空気中の水分を吸収して生長します。

一番の特徴は、役割の違う2種類の葉をもつこと。
株元を覆っている丸い葉は、「貯水葉」といって水分や栄養分を保つ役割があります。
貯水葉の中心から四方八方に伸びる葉は「胞子葉」といって、生長すると葉の先に胞子をつけます。

これだけは注意!

貯水葉は生長とともに茶色く変化していき、また新しい葉が出てきます。
「茶色くなって見栄えが悪いんだけど・・・」というお問い合わせも多いですが、
立派に役割をこなしていますので、決して取り除かないでください。
茶色い貯水葉から鮮やかな緑の葉が飛び出す姿も、この植物の魅力です!

置き場所

明るい場所を好みますが直射日光は苦手なため、
レースカーテン越しの窓辺などに置きます。

水やり

水と湿度が大好きな植物。
植えている土やコケが乾かないように注意して、たっぷり水をあげます。
コケ玉のような形であれば、水をはったバケツにどぶんと浸けるのがラクですよ。

また、特に空調の効いているお店等の環境では、
葉っぱに霧吹きで水をかける「葉水」をしてあげると
湿気で葉っぱが潤い、より元気に育ってくれます。

 

ビカクシダはクセのありそうな植物ですが、
上に書いたようなポイントだけ押さえれば
次々に新芽が出てくる元気な姿が見れて育てがいがありますよ!

このページの先頭へ