スタッフブログ

よくある質問

がっつり育てる「植木鉢」、気軽に楽しむ「鉢カバー」

Do! earth & green で扱っている「鉢」には、
種類によって底に穴が開いているものとそうでないものがあります。

インテリア性の高い釉薬ポットなどは、室内で楽しめるように
あえて底穴の開いていない「鉢カバー」に。
KSO_7738_R
テラコッタポットなどの通気性の良い鉢は
底穴も開けて、より植物と馴染む植木鉢にしています。
KSO_4487a_R

実はこういった鉢の使い方は、国によって特徴があるようで・・・

日本は、やはり盆栽などの文化があるくらいなので
素焼き鉢のように通気性がよくて植物と馴染む鉢に植え替えて
大きく育てたり、毎年花を楽しんだり・・・という習慣が根付いています。

一方欧米では、インテリア用にデザインの入った鉢が発達していて、
切り花を花瓶に活けて楽しむのと同じように
買ってきた苗をきれいな鉢カバーにそのまま入れるのがわりと一般的なのだとか。
気分、季節、シーンに合わせて気軽に鉢を入れ替えられるのが嬉しいですね。

グリーンの中でも生育が旺盛なものやハーブ類などは
ひと回り大きな鉢にしっかり植えて生長を楽しみたいです。
_KSC1595

逆にサボテンのようにゆっくり育つ植物や一年草は
植え替える必要もそれほどないので
鉢カバーに入れて飾るのに  調度よいかなーと思います。
もともと50cm以上あるような大きめ観葉植物は
カゴや陶器の鉢カバーに入れるのがお馴染みですね。
KSO_8033_R

わたしも先日、亀甲竜という植物を買って
どんな鉢に植え替えようかずっと悩んでいたのですが、
かなりゆっくり育つのでしばらく買ったままのプラ鉢でも育てられるし、
下手に植え替えて根を痛めてもイヤだしな・・・ということで
鉢カバーを買ってプラ鉢ごと入れておくことにしました。

水やりをするのに底穴がないと・・・と感じる方も多いかもしれませんが、
鉢カバーは受け皿の代わりと思えば、
水やりの不安も無く気軽に育てられますよね。

ぜひ、植物や場所に合わせて
「植木鉢」と「鉢カバー」使い分けてみてください。

>>Do! earth & green の植木鉢はこちら

>>Do! earth & green の鉢カバーはこちら

ビカクシダ(コウモリラン)の育て方

DSC_0447(2)

植物好きの間ではそろそろお馴染みになってきたビカクシダ(コウモリラン)。
葉がツノや手のように飛び出している姿は、かなりインパクト大ですが
その生態や育て方も他の観葉植物とはひと味違います。

ビカクシダ(コウモリラン)の特徴

原産は種類によって違いますが、主にアフリカ、東南アジア、オーストラリアなどの熱帯地方。
学名はplatycerium(プラティケリウム)、英名はStaghorn fernです。
木や岩に張り付いて生きる「着生植物」で、雨や空気中の水分を吸収して生長します。

一番の特徴は、役割の違う2種類の葉をもつこと。
株元を覆っている丸い葉は、「貯水葉」といって水分や栄養分を保つ役割があります。
貯水葉の中心から四方八方に伸びる葉は「胞子葉」といって、生長すると葉の先に胞子をつけます。

これだけは注意!

貯水葉は生長とともに茶色く変化していき、また新しい葉が出てきます。
「茶色くなって見栄えが悪いんだけど・・・」というお問い合わせも多いですが、
立派に役割をこなしていますので、決して取り除かないでください。
茶色い貯水葉から鮮やかな緑の葉が飛び出す姿も、この植物の魅力です!

置き場所

明るい場所を好みますが直射日光は苦手なため、
レースカーテン越しの窓辺などに置きます。

水やり

水と湿度が大好きな植物。
植えている土やコケが乾かないように注意して、たっぷり水をあげます。
コケ玉のような形であれば、水をはったバケツにどぶんと浸けるのがラクですよ。

また、特に空調の効いているお店等の環境では、
葉っぱに霧吹きで水をかける「葉水」をしてあげると
湿気で葉っぱが潤い、より元気に育ってくれます。

 

ビカクシダはクセのありそうな植物ですが、
上に書いたようなポイントだけ押さえれば
次々に新芽が出てくる元気な姿が見れて育てがいがありますよ!

葉っぱがベタベタしたり落葉する時は…カイガラムシかも?

「葉っぱにベタベタする液体がついている」
「特に枯れてないように見えるのに葉っぱがポロポロ落ちてくる」
「白い綿のようなものがついている」

特に樹木系の観葉植物によく見られるこんな症状、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

DSC06415 DSC06418

こういう症状が出たら、もしかするとカイガラムシのしわざかもしれません。

カイガラムシは植物さえあれば本当にどこにでも発生しますが、
葉の裏や茎などでじっとしているので、知らなければ見落としがちな害虫です。

葉や茎にくっついて養分を吸うため、放っておくと植物が弱っていきます。
上で紹介したベタベタや白い綿は養分を吸ったカイガラムシの排泄物・・・。

そんなカイガラムシの姿はこちら。
左は幼虫、右の黒いのは成虫です。(クリックで拡大)
DSC06403 DSC06414

カイガラムシの駆除方法

幼虫の間は薬剤が効くので、手に入りやすいベニカXなどを散布するか、
濡らした布やティッシュで拭き取ります。

成虫になると虫体被覆物という殻に覆われて動かなくなります。
こうなると薬剤は効きませんが、植物から剥がしさえすれば死んでしまうので
歯ブラシなどでこすり落とすか、ティッシュなどで拭き取ります。

殻に覆われた成虫(メス)の中で幼虫が孵化して増えるので、
とにかくくまなく探してこそげ落としてしまうのがポイントです!
ちなみによく発生するのは、葉の裏や茎の分かれ目など。新芽が狙われやすいです。

また、ベタベタや白い綿も放っておくと別の病気の原因になることがあるので
きれいに拭きとっておきましょう。

ちょっと気分の悪くなりそうなワードばかりになってしまいましたが、
結構ポロポロ剥がし取れるので達成感はあります。笑
葉っぱの裏をチェックするのを癖にして、気づいたら駆除!をしてみてください。

ヘデラ(アイビー)の葉の色が薄くなってポロポロ落ちる時は…

観葉植物の超定番「ヘデラ(アイビー)」。
Do! earth & green だとアクアテラポットのアソートに含まれています。

基本的には育てやすくて丈夫な品種なのですが、
「葉っぱの色が薄くなってポロポロ落ちてしまう・・・」というご相談を時々いただきます。
葉の裏を触ってみると粉っぽく、よく見ると黒や白の細かい粒がついていたりします。

一見葉が枯れて落ちているように見えるので、
「ちゃんと水やりしてるのに・・・!」と思われる方も多いのですが、
これは ” ハダニ ” という虫のしわざです。
ハダニはかなり小さく、葉の裏で繁殖します。
そのため被害が進んでから気付くことが多いのです。

点々に色が抜けているのが分かりますでしょうか?
黄色く変色しているのは、ハダニに養分を吸われているからです。
DSC05304 

こういう葉っぱをひっくり返してみると、白い粉のようなものや黒い粒がついています。
DSC05315

ハダニが大量発生してしまうとなかなか駆除が難しいので、
とにかく予防すること&早く見つけることが大切です!

◆ 予防 ◆
DSC05319ハダニは、気温が高く乾燥していると発生します。
つまりこれからの時期の室内の環境ですね!
予防するには葉っぱの周りの湿度を保つために
霧吹きで葉っぱに水をかける「葉水」が有効です。
週に1~2回でいいので、夕方涼しくなってから葉水をしてください。

◆ 早期発見 ◆
ハダニ対策に限ったことではないですが、
毎日植物の様子を見てあげるのが大切です。
時々は葉っぱの裏をめくってみたり、土に触れて水が必要か確認したり・・・

もしハダニにやられている葉っぱがあったら、
水で勢い良く洗い流すか、一枚ずつ濡れた布なので拭き取ります。
また、症状があまりに進んでいる葉は取り除きます。
時間がかかりますが、水には弱いのでこれが一番効果的です。

コツを覚えれば簡単!ハンギンググリーンのお手入れ方法

hangingplants 
壁や天井から植物を吊るすハンギンググリーン。
変わった植物を使っていたり、土に植わっていなかったりするので
「水やりはどうすれば?」という質問もよくいただきます。

確かに鉢植えの水やりとはちょっと違いますが
ポイントさえ押さえれば簡単に育てられるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

基本の水やり

resize_DSC04295a

  土台のココヤシやミズゴケが乾いたり、
  葉っぱがちょっとしなっとしてきたら
  水を欲しがっている合図です。

  バケツなどに水をはり、
  植物ごとざぶんと浸します。

  全体に水が行き渡ったら、
  水が滴ってもいい場所に吊るしておきます。

 

植物別 お手入れのコツ

ここからは植物ごとの特徴やちょっとした手入れのコツ。

ビカクシダ

bikakushida  生長とともに広がる根本部分は『貯水葉』と呼ばれ、
  ここから水分を吸い上げています。
  だんだん茶色くなっていきますが、
  枯れているわけではないのでご注意を。

  乾燥する室内ではこまめに霧吹きで葉水をします。
  葉っぱがしおれたように垂れ下がり始めたら水不足のサイン。
  基本の方法でたっぷり水をあげます。

  >ビカクシダ流木ハンギング
  >ビカクシダコケダマハンギング

多肉植物系

cactushanging

  >ディスキディアワイヤーハンギング や
  >ワイヤーハンギングブラックポット 
  はタイ原産の多肉植物。
  野生では木や岩に着生している植物たちなので、
  ココヤシの繊維に仕立てています。

  水やりの目安は、ココヤシが完全に乾いているか
  葉っぱに少しハリが無くなって来た頃です。
  暖かい時期なら1週間に1度程、基本の水やりをします。
  秋~冬の寒い時期は水やりを控え目に。

  また、ディスキディアは特に寒さに弱い植物。
  必ず室内の暖かい場所で育てて下さい。

 

チランジア(エアプランツ)

  水やり要らず、と思われがちなチランジアですが
  生き物なので水をあげなければ枯れてしまいます。
  逆にこまめに水をあげることで、
  新芽が出てきたり花が咲いたりすることも!

  普段は1週間に1~2回、霧吹きで全体を湿らせます。
  水やりを忘れていた時や元気がなくなってきた時は
  水をはったバケツに6時間ほど浸します。

  また、水やりの時は↓この2点に注意です!
  ☆水をあげた後は風通しの良い日陰に置く
  ☆冬場は午前中に水をやり、夕方までには乾かす
商品は写真左から
>チランジアマスハンギング  >チランジアカンガルーポケット
>チランジアポリヘドロンチェーン  >ウスネオイデスワイヤーハング

多肉植物の水やりって??

こんにちは、井林です。
年々人気が高まっている多肉植物・サボテンですが、
最近水やりの方法についてよくお問い合わせをいただきます。

水はあまりやらない方がいい・・・?
というのをどこかで聞いたことがあるかと思いますが、
実は、やる時はやる!やらない時はやらない!のメリハリが大事だったりします。

(1)春と秋は成長期!土がしっかり乾いたらたっぷりと水やりを。
気温にもよりますが、3~5月、9~11月は
土の表面が乾いてからさらに1周間くらい待ち、鉢底から水が出るまでたっぷり水をあげます。
(※ソーサーに溜まった水は捨てます)


底穴がないタイプの鉢の時は、
たっぷり水をあげてから、鉢を傾けて余分な水をしっかり出してあげます。
 

(2)夏と冬は休眠期!水やりはぐっとこらえます。 
夏は根腐れ防止のため、冬は冷害防止のため、水やりはかなり控えめにします。 
葉っぱにハリが無いな、と思ったら水をあげる程度でOKです。

水やり以外では、
空調の風に直接当てないこと、できるだけ明るい場所に置くことが大切です。

いかがでしたか?
観葉植物と違って、土が常に湿っている状態は避け、
しっかり乾いたらたっぷり水やり、を心がけてみてくださいね!

このページの先頭へ