スタッフブログ

エコ栽培セット育て方

エコ栽培セット育て方【ガーデンレタスミックス編】

ガーデンレタスミックス編 ~サラダの隠れた主役が、一鉢でどっさり~

【環境】
適正時期 タネまき:3-6月、8-10月 収穫:4-12月
適正温度 発芽:15-20℃ 生育:15-20℃
【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②重ならないようにタネをまき、軽く押さえます。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④1週間ほどで芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、
たっぷりの水を静かに与えます。
⑤本葉が出たら、隣同士の葉がわずかに重なる程度に間引きします。
⑥本葉が3~4枚になった頃から月に1度、肥料をひとつまみ程与えます。生長促進に効果的です。
⑦食べごろサイズに生育した葉から順に、ハサミでカットし収穫します。
⑧まだ生長しきってない小さな葉を残せば、再度収穫が楽しめます。
【育て方のポイント】
ポイント①
日当たりの良い場所で、水をきらさずに管理すれば、誰でも簡単に栽培できます。
ポイント②
発芽するまでは霧吹きで、苗が小さい間はこまめに水を与えて、苗が生長したら
表土が乾いたときにたっぷりの水をあげてください。
【収穫後の楽しみ方】
葉型や色が異なる5種のレタスを一鉢で収穫。見た目も風味も豊かなサラダが手軽に味わえます。 

エコ栽培セット育て方【ベビーオニオン編】

ベビーオニオン編 ~小さくても、味も存在も主役級~

【環境】
適正時期 タネまき:3-4月、8-9月 収穫:3-5月、6-7月
適正温度 発芽:15-20℃ 生育:15-20℃
【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②重ならないようにタネをまき、軽く押さえます。覆土が多すぎると発芽しにくくなるため、
ご注意ください。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④2週間ほどで芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、
たっぷりの水を静かに与えます。(新芽は折れ曲がった状態で発芽します)
⑤株元がしっかりしてきたら3~4cmの株間を保つように間引きします。
⑥間引きの際、少し土を足すか株元部分を少し盛り上げるようにします。
⑦根元が肥大してきたら収穫時、10円玉程度が目安です。
【育て方のポイント】
ポイント①
発芽までは水分管理に注意してください。
ポイント②
生長後は若干乾かし気味に育てます。
【収穫後の楽しみ方】
①切らずに使え、煮崩れしにくいのでカレーやシチューなどの煮込み料理に
②グラッセやピクルスとしてもオススメです

エコ栽培セット育て方【スウィートバジル編】

スウィートバジル編 ~イタリア料理には欠かせない定番ハーブ~

【環境】
適正時期 タネまき:4-6月 収穫:6-10月
適正温度 発芽:20-25℃ 生育:20-25℃
【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②重ならないようにタネをまき、上から軽く押さえます。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④2週間ほどで芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、
たっぷりの水を静かに与えます。
⑤本葉が出たら、隣同士の葉がわずかに重なる程度に間引きします。
⑥生育期は月に1度、肥料をひとつまみ程与えます。生長促進に効果的です。
⑦本葉が8枚程度に育ったら、太い茎の途中(本葉4枚くらいの位置)で枝を切る摘芯を行うと、
わき芽が伸びてより大きく丈夫に育てる事ができます。
⑧花が咲くと葉が固くなり収穫量が減るため、花のつぼみは摘み取るといいでしょう。
【育て方のポイント】
ポイント①
本葉が10枚以上になったら、芯を摘んでわき芽を伸ばし、花穂が出たら早めに摘んで
葉を多く出すようにしてください。
【収穫後の楽しみ方】
①トマトやチーズと相性が良く、パスタやサラダに入れればイタリアンの完成
②生のままオイルやビネガーに漬け込めば風味豊かな調味料に 
③オリーブオイルやマツの実とペースト状にしたバジルペーストもオススメ

エコ栽培セット育て方【ミニキャロット編】

ミニキャロット編 ~栄養豊富な定番食材を気軽に栽培~

【環境】
適正時期 タネまき:3-4月、7-10月 収穫:6-7月、10-12月
適正温度 発芽:15-25℃ 生育:20℃前後
【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②重ならないようにタネをまき、軽く押さえます。覆土が多すぎると発芽しにくくなるため、
ご注意ください。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④2週間ほどで芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、
たっぷりの水を静かに与えます。
⑤本葉が3~4枚の頃、隣同士の葉がわずかに重なる程度に間引きします。
⑥間引きの頃から月に1度、肥料をひとつまみ程与えます。生長促進に効果的です。
⑦根が土から出ている時は、土をかぶせて隠してあげます。
⑧根が太ったら収穫時。サラダなどでお召し上がりください。
【育て方のポイント】
ポイント①
タネが好光性のため、タネまき後の覆土は少なめにし、タネまき直後より日当たりの良い場所で。
ポイント②
発芽に時間がかかるので、土が乾かないよう常に一定の湿り気を保ち、定期的に追肥してください。
【収穫後の楽しみ方】
①新鮮な採りたてキャロットは、野菜スティックやサラダに
②小さくてもニンジン!1本まるごとを煮物や炒め物、漬物などにして
③香りが強い葉は、おひたしやてんぷらとしても◎ 

エコ栽培セット育て方【ルッコラ編】

ルッコラ編 ~ほのかな苦味がクセになる栄養豊富なハーブ~

【環境】
適正時期 タネまき:3-5月 収穫:通年
適正温度 発芽:15-20℃ 生育:15-20℃
【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②重ならないようにタネをまき、上から薄く土をかぶせます。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④1週間ほどで芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、
たっぷりの水を静かに与えます。
⑤本葉が出たら、隣同士の葉がわずかに重なる程度に間引きします。
⑥本葉が3~4枚になった頃から月に1度、肥料をひとつまみ程与えます。生長促進に効果的です。
⑦食べごろサイズに生育した葉から順に、ハサミでカットし収穫します。
⑧まだ生育しきってない小さな葉を残せば、再度収穫が楽しめます。
【育て方のポイント】
ポイント①
日当たりの良い場所で、水をきらさずに管理すれば、誰でも簡単に栽培できます。
ポイント②
発芽するまでは霧吹きで、苗が小さい間はこまめに水を与えて、苗が生長したら
表土が乾いたときにたっぷりの水をあげてください。
【収穫後の楽しみ方】
①ビタミン、カルシウム、鉄分豊富なハーブ。サラダとして生でももちろん、カルパッチョやピザの彩りに
②ニンニクや鷹のツメと炒めたペペロンチーノや、和風おひたしもオススメ

エコ栽培セット育て方【ミニトマト編】

ミニトマト編 ~栽培しやすい品種で、簡単手軽に収穫~
花ごころWEBサイトでのトマト特集もどうぞ!

【環境】
適正時期 タネまき:2-5月 収穫:7-8月
適正温度 発芽:20-30℃ 生育:20-30℃

【育て方】
①鉢に土を入れ、たっぷりの水で土を湿らせます。
②人差し指でタネ穴を作り、タネを入れてから軽く土をかぶせます。
③発芽までは明るい日陰に置き、霧吹きで水やりをしながら乾燥に注意して育てます。
④芽が出たら日当たりの良い場所に移動させ、表土が乾いたら、たっぷりの水を与えます。
⑤本葉が3枚ほどに生長する前に、茎が太く葉が茂っている1本以外は全て間引きします。
⑥間引き時と、実がつき出した頃から月に1度、肥料をひとつまみ与えます。生長促進に効果的。
⑦実が熟して色づいたら収穫時。朝の涼しい時間に収穫しましょう。

【育て方のポイント】
ポイント①
日当たり、水はけがいいと良く育ちます。
ポイント②
土の表面が乾いたら、たっぷりの水をあげて下さい。

【収穫後の楽しみ方】
①赤い小さな実は、サラダの主役に
②火を通すと甘みが増すので、オリーブオイルとガーリックでトマトソースに
③パスタと和えたり、パンにつければ気軽にイタリア気分

このページの先頭へ