スタッフブログ

ヘデラ(アイビー)の葉の色が薄くなってポロポロ落ちる時は…

観葉植物の超定番「ヘデラ(アイビー)」。
Do! earth & green だとアクアテラポットのアソートに含まれています。

基本的には育てやすくて丈夫な品種なのですが、
「葉っぱの色が薄くなってポロポロ落ちてしまう・・・」というご相談を時々いただきます。
葉の裏を触ってみると粉っぽく、よく見ると黒や白の細かい粒がついていたりします。

一見葉が枯れて落ちているように見えるので、
「ちゃんと水やりしてるのに・・・!」と思われる方も多いのですが、
これは ” ハダニ ” という虫のしわざです。
ハダニはかなり小さく、葉の裏で繁殖します。
そのため被害が進んでから気付くことが多いのです。

点々に色が抜けているのが分かりますでしょうか?
黄色く変色しているのは、ハダニに養分を吸われているからです。
DSC05304 

こういう葉っぱをひっくり返してみると、白い粉のようなものや黒い粒がついています。
DSC05315

ハダニが大量発生してしまうとなかなか駆除が難しいので、
とにかく予防すること&早く見つけることが大切です!

◆ 予防 ◆
DSC05319ハダニは、気温が高く乾燥していると発生します。
つまりこれからの時期の室内の環境ですね!
予防するには葉っぱの周りの湿度を保つために
霧吹きで葉っぱに水をかける「葉水」が有効です。
週に1~2回でいいので、夕方涼しくなってから葉水をしてください。

◆ 早期発見 ◆
ハダニ対策に限ったことではないですが、
毎日植物の様子を見てあげるのが大切です。
時々は葉っぱの裏をめくってみたり、土に触れて水が必要か確認したり・・・

もしハダニにやられている葉っぱがあったら、
水で勢い良く洗い流すか、一枚ずつ濡れた布なので拭き取ります。
また、症状があまりに進んでいる葉は取り除きます。
時間がかかりますが、水には弱いのでこれが一番効果的です。

父の日ギフトとしてもおすすめ!コーヒーの木

5854858459 
観葉植物としてもおなじみのコーヒーの木。
つやつやの葉っぱが特徴です。
SUMMER PLANTS 2015 では、2種類のコーヒーの木を発売します。

どちらも土の上に被せる用に本物のコーヒー豆付き。
ローストしてあるのでもちろんそこから芽は出ませんが、
土が見えないので清潔感があり、コーヒーの香りがほのかに広がるので癒されます!
コーヒー好きなお父さんへの父の日ギフトとしてもおすすめです。

コーヒーの木の育て方

コーヒーの産地は、ブラジルやケニアなどの熱帯の国。
赤道から北緯25度/南偉25度の範囲の、
コーヒーの生産に適した地帯を「コーヒーベルト」と呼ぶそうです。

そんな場所で産まれた植物なので、日当たりを好み、寒さは苦手です。
窓辺などの明るい場所で育てて、秋以降は必ず室内に取り込みます。
ただし、真夏の強い日差しは葉っぱが焼けてしまうのでご注意。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと。
(コーヒー豆を被せているので、指で中の土を触って確かめます)
また、葉っぱの乾燥を防ぐために時々霧吹きで葉っぱに水をかけます(葉水)。
冬場は生長が鈍くなるので、暖かい時期に比べて水やりは控え目に。。

 

家でもコーヒーの実は収穫できる?

mi0009L木が1メートルくらいの大きさになると花が咲いて
コーヒーチェリーと呼ばれる赤い実をつけるそうですが、
もともと原産が熱帯地方ということもあって
木は大きくなっても、日本では花や実がつかない場合が多いです。

でも、私個人はコーヒーの赤い実がなっているのを道端で見たことがあるので、
条件が揃えば実をつけてくれるのだと希望を持っています!笑

実はコーヒーだけでなく他の観葉植物も、日本では葉っぱだけの姿が多いですが
原産地の気候では花を咲かせていたりするんですよ。

商品紹介

58548

 


  コーヒービーンズ2号
  ¥1,200 / ロット:12

  芽が出たばかりのコーヒーの木を
  ツートンカラーのポットにセットしました。
  特に春~夏の暖かい時期は生育が旺盛なので
  ぐんぐん大きくなる姿を楽しむことができます。
  >>商品ページ

 

58459

  コーヒーツリー3号
  ¥1,500 / ロット:12

  つやつやの葉っぱが茂ったコーヒーの木。
  鉢は木屑ともみ殻をでんぷんで固め、
  プレス加工して仕上げたエコな素材。
  徐々に分解されて、やがて土に還ります。
  植物を植えた状態での耐用年数は
  室内で約4~5年、屋外で約1~4年が目安です。
  >>商品ページ

 

 

見ればみるほどハマる?食虫植物の世界

syokutyu_mail
グロテスクなイメージがある食虫植物ですが、
ずっと眺めているとだんだん不思議な可愛さに夢中になっていくはず?
フツウの観葉植物じゃつまらない!という方にこそぜひ育ててもらいたい植物です。

今日は食虫植物の魅力や育て方をご紹介します~
文字中心・ややマニアックな内容になってしまいますが、悪しからず。

1.食虫植物のキホン知識

食虫植物は、「虫をつかまえる」+「溶かして栄養にする」機能を持っている植物のことを言います。
なぜそんな肉食系になってしまったのかというと、
栄養分が少ない痩せた土地でも生き延びるための進化の結果なのです。

なので、彼ら食虫植物にとって虫は主食ではありません。
人間でいうとサプリメント的な・・・?
基本的に日光と水があれば光合成をして十分育ってくれるので、
わざわざ虫を捕まえてきてエサのように与えなくても大丈夫です!

2.食虫植物の育て方

野生の食虫植物がよく生えているのは、
土地は痩せていても、日光と水は必要なだけちゃんとある場所。
家で育てる時もその環境に近づけてあげるのがポイントです。

レースカーテン越しのやさしい日光が当たるような、風通しの良い場所で
下のコケがじわっと湿っている状態を保ちます。

光は大好きな植物ですが、強い日差しは苦手なので注意
また、湿気もあるに越したことはありませんが、蒸れすぎが大敵です。
ビンのフタは開けておいて、高温・過湿にならないよう気をつけて下さい

ハエトリソウは捕虫器の内側に触れると
反射でパクっと閉まるのでとてもおもしろいのですが、
この開閉には体力を消耗するので、やりすぎると弱る原因になります。
ついつい触りたくなる気持ちをぐっと抑えるのも大事です。

 

3.食虫植物の種類

食虫植物には本当にたくさんの種類がありますが、
Summer Plants 2015 としてDo!が5月に限定発売するのはこの2品種です。
>>商品ページはこちら

58460_358460 
ハエトリソウ(ディオネア)
マツゲのような2枚の葉の内側にはセンサーがあり、虫が触れると葉を閉じて捕獲。
消化液を出し時間をかけて虫の栄養分を吸収します。

58460_2A45W9750_R
ウツボカズラ(ネペンテス)
熱帯地域には約100もの原種が生息し、
落ちたら最後抜けられない、まさにジゴクの入り口のような植物。
ツボの中には消化液が溜まっていて、入り込んだ虫から栄養分を吸収します。

4.実は身近な食虫植物・・・?

このブログを書くために色々調べていたら、
「トマトは食虫植物だった」という記事がいくつか出てきました・・・!

確かにトマトの茎は細かい毛が生えていて触るとネバネバしているのですが、
そこにつかまった虫が死んで地面に落ちて土の養分となり、
それをトマトが吸収するのだとか。

厳密に「食虫植物」と言えるかどうかははっきり分かりませんでしたが、
どんな植物も、自分で栄養を補給するために進化をしているんですね~

奥の深い食虫植物の世界。
ぜひ育ててみてくださいね!

植物をもっと身近に感じてもらうために・・・          Do! earth & green がこだわっている4つのこと

KSO_9018_R

少しでも多くの人に植物に触れてもらうキッカケをつくること、
そして植物のある生活をもっと身近なものにしていくこと がDo! earth & green のコンセプトです。

そのためにDo!がいつもこだわっている4つのことを紹介したいと思います。

150413plants

1.「植物っておもしろい!」グリーンの表情を伝えること

多肉やサボテン、アイビーやエアプランツ…
数えきれないほどの種類がある植物は見れば見るほど発見が!

ていねいにお世話をしていると、つるが伸びたり、葉っぱが分厚かったり、新芽が出たり、よく見ると小さい花が咲いていたり・・・色々なことに気付きます。
Do!ではそんな生きた植物の表情をどうやったら引き出せるかを考えながら、器や飾った時の姿にこだわって商品開発をしています。

それから、スタッフが気付いた植物の楽しさをブログで皆さんにお伝えしています。 >>Staff Blog

58420_158428_458421_458446_2

 

150413green

2.「私のお部屋にもグリーンを置ける!」安心して育ててもらうこと

もしDo!の商品が植物を育てるきっかけになれたとしたら、せっかくの最初のひと鉢を元気に育てて欲しい。だから、お店やお家がどんな環境か?どんな風に育ててくれるのか?をいつもイメージすることを大切にしています。

安心して元気に育ててもらえる植物をご提案することはもちろん、
お店での管理や家でのお手入れにつまづいてしまうことのないように、植物に育て方のタグをつけたり、お世話の仕方をウェブで公開したりもしています。
>>About Plants (植物について)

 57831_158247tag

 

150413tools

3.「ずっと大切に使いたい」上質なガーデンアイテム

植物を育てるのに必要なジョウロやスコップは、こだわらなければどこでも安く手に入れられます。
でもそれがもし、しっくり手に馴染むような、使わない時眺めるだけでも気分の上がるようなお気に入りのツールたちだったら、ついつい植物のお世話をしたくなるはず!

Do!で扱うガーデンアイテムは決して安くはありませんが、ヨーロッパで長く愛されている老舗ブランドや、色や質感・形を大切にしながらも実用性を深く考えたものを揃えています。

 63446  635266484566722_1

 

150413saibai

4.「植物のチカラを体感」育てて食べる栽培セット

鑑賞するだけではなく、種から成長していく姿を見たり、自分で育てた野菜やハーブを収穫して食べたりすることで、もっと楽しく植物の生命力を実感してもらいたい!
だからこそ、Do!は栽培セットにも力を入れています。
>>栽培セット商品ページ

土のメーカー「花ごころ」だからできる、栽培セット専用にブレンドした培養土と、小さい鉢でも本格的に収穫を楽しめる品種がこだわりポイントです!

68715_2 salad64 DSC01728

コツを覚えれば簡単!ハンギンググリーンのお手入れ方法

hangingplants 
壁や天井から植物を吊るすハンギンググリーン。
変わった植物を使っていたり、土に植わっていなかったりするので
「水やりはどうすれば?」という質問もよくいただきます。

確かに鉢植えの水やりとはちょっと違いますが
ポイントさえ押さえれば簡単に育てられるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

基本の水やり

resize_DSC04295a

  土台のココヤシやミズゴケが乾いたり、
  葉っぱがちょっとしなっとしてきたら
  水を欲しがっている合図です。

  バケツなどに水をはり、
  植物ごとざぶんと浸します。

  全体に水が行き渡ったら、
  水が滴ってもいい場所に吊るしておきます。

 

植物別 お手入れのコツ

ここからは植物ごとの特徴やちょっとした手入れのコツ。

ビカクシダ

bikakushida  生長とともに広がる根本部分は『貯水葉』と呼ばれ、
  ここから水分を吸い上げています。
  だんだん茶色くなっていきますが、
  枯れているわけではないのでご注意を。

  乾燥する室内ではこまめに霧吹きで葉水をします。
  葉っぱがしおれたように垂れ下がり始めたら水不足のサイン。
  基本の方法でたっぷり水をあげます。

  >ビカクシダ流木ハンギング
  >ビカクシダコケダマハンギング

多肉植物系

cactushanging

  >ディスキディアワイヤーハンギング や
  >ワイヤーハンギングブラックポット 
  はタイ原産の多肉植物。
  野生では木や岩に着生している植物たちなので、
  ココヤシの繊維に仕立てています。

  水やりの目安は、ココヤシが完全に乾いているか
  葉っぱに少しハリが無くなって来た頃です。
  暖かい時期なら1週間に1度程、基本の水やりをします。
  秋~冬の寒い時期は水やりを控え目に。

  また、ディスキディアは特に寒さに弱い植物。
  必ず室内の暖かい場所で育てて下さい。

 

チランジア(エアプランツ)

  水やり要らず、と思われがちなチランジアですが
  生き物なので水をあげなければ枯れてしまいます。
  逆にこまめに水をあげることで、
  新芽が出てきたり花が咲いたりすることも!

  普段は1週間に1~2回、霧吹きで全体を湿らせます。
  水やりを忘れていた時や元気がなくなってきた時は
  水をはったバケツに6時間ほど浸します。

  また、水やりの時は↓この2点に注意です!
  ☆水をあげた後は風通しの良い日陰に置く
  ☆冬場は午前中に水をやり、夕方までには乾かす
商品は写真左から
>チランジアマスハンギング  >チランジアカンガルーポケット
>チランジアポリヘドロンチェーン  >ウスネオイデスワイヤーハング

「ウスネオイデス」名前の由来は?

58429Do! earth & green の15SS新商品にも登場している、
「ウスネオイデス(スパニッシュモス)」。

ぐんぐん人気が出てきているチランジアの中でも、
ワサッと茂った姿がインパクト大な品種です。

それにしても、「ウスネオイデス」ってちょっと覚えにくいですよね。
「ウスネオ・イデス」なのか「ウス・ネオイデス」なのか切れ目もよくわからないし・・・

と最初は思っていたのですが、
偶然「オイデス」は「◯◯のような」という意味らしいと知りました。
じゃあ「ウスネ」は?・・・というと、これでした。↓

IMGP0283
出典:「お花の簡易データベース」http://edodes.com/blogplant/cat55/cat269/

ホラー映画か何かの森の中のシーンで見たことがある気がしますよね。
「サルオガセ」という地被類の植物だそうです。
これに似ているから「ウスネオイデス(=サルオガセモドキ)」。
だからどうということもありませんが、ちょっと覚えやすくなりませんか?笑

ちなみに、ウスネオイデスには小さな花が咲きます。
5mmくらいなのにしっかりと花の香りがすると聞いて、それを楽しみに育てています。
また、もともと湿度の高いところの原産なので
週に1~2度霧吹きで水をやるのがおすすめです。
寒さや雨は平気なので、軒下に飾っておくのもOK!ですよ。

スミレの砂糖漬けをつくりました

こんにちは、井林です。

去年の秋から自宅のベランダで育てているビオラが
冬を越して満開になっていました!
せっかくきれいに咲いてるし何かに使えないかな~と思い、
砂糖漬けにしてみました。
resize_DSC04930

 

摘み取った花をきれいに水で洗って、キッチンペーパーなどで水気を取ります。
下の写真だと茎が付いたままになっていますが、
茎のところは使えないので、根本でちぎっておきます。
resize_DSC04937

刷毛などで花ひとつひとつに溶いた卵白を塗って、
グラニュー糖をまぶします。
あとは日陰で1~2時間乾かしたら完成!
resize_DSC04948

手作りスイーツの上に飾ったり、紅茶に浮かべたり・・・
色々使えます。

園芸屋さんなどで手に入るビオラの苗は、
農薬などが使われている場合があるので食用に使えないことも。
もし作ってみる場合は、
無農薬かどうかお店で確認するか、自分で種から育てたものだと安心です。

grow & eat 栽培セット デリにも「エディブルフラワー(食用花)」があります。
本当の花の名前は「矢車草」。
野菜だけでなく花でも「育てて食べる」を実感してみてください♪

Casa BRUTUS の特別編集「植物と暮らすスタイルブック」

インテリアのこと、アートのこと、グルメのこと、、など
暮らしを楽しむための情報を届けてくれる Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)。
愛読している方も多いかと思います。

表紙

先週発売された特別編集版のタイトルは
「植物と暮らすスタイルブック」!
Do!のコンセプトとも重なるタイトルで、スタッフも皆じっくり読み込んでいます。笑

こだわりの植物が並ぶ全国のグリーンショップや、
家でグリーンを楽しむための道具、トレンド、おもしろい植物など・・・
とても濃い内容で、ぜひ読んでいただきたい一冊です!

SOLSOさんのお仕事も大きく特集されていますが、
その最後のページで紹介されている「 THE FARM 」さんには
実はDo!の商品もたくさん置いていただいています。
見たことのない植物があり、とにかく建物やディスプレイがかっこいい!
これまでの「園芸屋さん」のイメージががらっと変わるお店ですので、ぜひ行ってみてください。

↓(先日納入作業に伺った時の様子。植物もりもりです!)
IMG_4674 IMG_4677

・・・そして、THE FARM さんの記事の横には
Do! earth & green のロゴをどーんと載せていただいています。
do!

・・・そしてそして、裏表紙には
花ごころからの新しい土の形の提案、「EVO」のことも。
気になった方、ぜひサイトを覗いてみてください。
EVO

色々とまわしもののようになってしまいましたが(笑)、
今回ご紹介したのはどれも本当に一度見て欲しいものばかり。

グリーンの面白さをもっと知っていただければ!と願っています。

カタログ撮影、裏話。(2)

KSO_8694

 

 

  裏話(2)、ということで。
  今回もDo! earth & green のカタログに載っている写真の
  撮影風景をご紹介したいと思います!

  カタログ冊子のP73に載っている、
  Guillouard のこのシーン。

  朝、開店する前のお花屋さんの一角・・・のようなイメージの
  やさしい光が入り込んだ写真です。

  が、実はその撮影風景はこんな感じ。↓


DSC04045 

暗っ!なんとこんなに暗い場所で撮影していたのです!

右の方にうっすら見えるのが写っているものたち。
カメラについてほとんど知識が無いので詳しいことは分かりませんが、
とても繊細な加減で撮影している雰囲気は伝わってきて、
シャッターを押す瞬間は思わず息を止めてしまいました・・・!


完全に余談ですが・・・
どうやって明るく撮るんだろう?と思って、
色々カメラをいじって撮ってみた結果はこちらです。(泣)
DSC04047

2015年2月東京ギフトショー 会場レポート

2015年2月4日から3日間、Do! earth & green は東京ギフトショーに出展しておりました!

Do! earth & green という新ブランドのお披露目の場として、
大きな木をシンボルツリーに、ロゴやイメージを一新したブースを作りました。
DSC04475

スタッフもアイボリーのショップコートで統一!
DSC04427

2015年春夏は植物のバリエーションを大幅にボリュームアップ!
ハンギングタイプのビカクシダやエアプランツ、多肉植物など・・・
植物のカオが活きるような商品に仕立ててご提案しています。
DSC04499

今回はNEWカタログをイメージして、
外はシンボルツリーに真っ白な壁、そこにアートのような植物たち。
DSC04474
中は木製パレットを多く使い、ハンギングやウォールで植物を盛りだくさん使ったディスプレイに。
楽しく商品選びをしていただけるブースを意識しました。
DSC04529
DSC04498
DSC04480

そして・・・なんと今回はディスプレイ部門の大賞をいただきました!
今回のブランドリニューアル、ギフトショー出展にあたってご協力いただいた
たくさんの方々のおかげです。本当にありがとうございました。
DSC04439 DSC04459
P1060301
3/4(水)、表彰状と盾が届きました!

その他たくさんの写真を Facebook ページにアップしています。
ぜひそちらもご覧ください!
>> Do! green & earth Facebook

このページの先頭へ